離島の応援ナースについて

離島の応援ナースの認知度はまだまだ低いのです。離島は沖縄や小笠原諸島、奄美諸島などの、看護師が不足している地域に短期間派遣される仕事です。期間は6ヶ月から2年の短期間の派遣です。全国から看護師が参加しています。離島応援ナースは、短期間でも生活の拠点を移さないとならないので、小さな子供がいる家庭よりも、独身の看護師が多く働いています。月収は40から50万円ほどあり、本土で働く看護師に比べると、給料も高いです。また、派遣場所は、観光やリゾート地になっている所も多く、ダイビングや海、旅行などが好きな看護師に人気があります。その土地に魅了され、派遣期間が終了する前に、正社員看護師として働き続ける場合も多くあります。普段の忙しさや、都会の生活に疲れた人は、都会と離島のギャップや環境に身を置くことで、自分を見つめなおすことのできる環境も整っています。無駄な浪費もしなくてよい環境ですので、貯金にも向いています。仕事をしながらも、リフレッシュできるのです。離島では、医療機関があまり充実しておらず、医療水準が低かったり、医療のスタッフが不足しているという深刻な問題が発生しています。人手不足により、細かい科に分かれている病院はほとんどありません。そのため、医師や看護師はどの病気や症状にも対応できるスキルが求められます。ひとつの科を専門としているよりは、オールマイティに対応ができる看護師を応援ナースとして必要としています。

応援ナースという働き方の評判

応援ナースをご存知でしょうか。人手不足の医療機関に6ヶ月単位で働くナースのことです。まずは、応援ナース専属の派遣会社に登録をします。もちろん、即戦力で働けるだけのスキルは必要です。赴任先は北海道から沖縄、東京などの都市部、離島までさまざまあるので、自分が働きたい地域を選んで登録できます。地域だけではなく、最近はオペ室で働くナースが不足している病院にスペシャリストとして行く、オペ室応援ナースも人気があります。手術がしたくてもスタッフが不足しているためにできなくて困っている医療機関は数多くあるので、需要はあります。6ヶ月間という短期契約雇用のため退職金はありませんが、その分給料が40万以上保障されていて、すぐに働けるよう寮などの住居も完備されているので、その点の評判もとてもいいです。体制が整っていないために、離職率が高く看護師不足に悩んでいる医療機関は多いため、即戦力で働ける人材確保が難しいのです。体制が整うまでの間だけでも、経験豊富な人に来てもらいたいという医療機関も多いと思うので、評判がよければこれからますます注目される働き方だと思います。産休のスタッフの代替要員とし応援を要請するところや、働きぶりがいいという評判で、人は変わるが継続的に応援ナースを受け入れている医療機関もあります。即戦力として求められ、勤務先できちんと勤めを果たすというプレッシャーや、技術的なことやコミュニケーション能力などさまざまなことが求められますが、やりがいはあると思います。30代前半までは、応援ナースという働き方をしてみるのもいいと思いますので興味をもたれた方は登録をして、人手不足で困っている医療現場で経験をつんでみませんか。日中時間がない!という人は夜勤専従 バイトからコツコツ始めたらいいかもしれませんね。

看護師と求人情報とのマッチング「応援ナース」

ナースパワーの運営している「応援ナース」は短期間の求人を行っている病院や施設と看護師とのマッチングをサポートしているサイトです。応援ナースを利用する看護師の基本的な契約期間は6ヶ月となり、現在でも2000人以上の看護師が、全国13拠点で働いています。求人情報は全国で38000件を超え、より本人の希望に合った病院や施設を探すことができるのも応援ナースの特徴です。首都圏でスキルアップをはかりながら高収入を希望する看護師向けの「首都圏応援ナース」では、運営もとのナースパワーの推薦と書類審査のみ(面接なし)で新たな仕事先を見つけることができます。またアパートが完備されており、引越しにかかる費用の支給もあります。また「離島・沖縄応援ナース」は6ヶ月間の期限付きで大自然の中で仕事することができます。心身ともにリフレッシュをしたい看護師にも人気のサービスです。「収入が2倍になった」「友人をつくることができた」「スキルアップすることができた」といった看護師のよろこびや感謝の声も、ホームページに掲載されてありますので、気になる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。このサービスの実際の利用方法はとても簡単で、公式サイトにアクセス後会員登録を済ませるだけでOKです。会員登録する際は、希望の働き方や勤務地を入力します。運営もとのナースパワーは30年以上にわたり看護師求人の実績をつくってきた会社ですので安心して任せることができると思います。

離島や都市圏で求められる応援ナースとは

応援ナースとは、3~6か月程度の短期間、要請のあった医療機関に応援として勤めていただく看護師さんのことです。人手の足りていない医療機関は多く、離島ほどその傾向は顕著です。そのため、沖縄や北海道、そして都市圏で応援ナースの需要が高まっています。応援ナースとは即戦力が求められる仕事です。そのため、プレッシャーもありコミュニケーション能力も求められますが、同時にやりがいのある仕事です。数多の医療機関にて様々な経験を積むことは、自身のスキルアップに繋がりますし、同じように働く仲間との出会いによって励ましあい、高めあうこともできます。給与の面でもメリットはあります。退職金などはありませんが、応援の手当てがつきますので、通常より高い給与を得ることが可能です。また、寮など住むところも完備されているので、引越しの手間も少なく身軽に動くことができます。応援期間が終了した後も、場合によっては期間を延長したり、そのまま常勤として勤めることも可能です。もちろん、応援ナースとしてまた別の医療機関へと赴くことができます。自分で働き方を選ぶことができるのも魅力ですね。手術室スタッフを増やしたい、産休スタッフの代わりに来てほしいなど、人手を求める医療機関にとって、応援ナースとは今後ますます注目される職業になるでしょう。離島に住んでみたい方、また都市圏で勤めたいと思っている方は、まず応援ナースという形で短期間赴いてみてはいかがでしょうか。

応援ナースの給料について

応援ナースの給料はそのナースが行く場所によって大きく異なります。多くは人材が不足しているために応援ナースを活用するのでその給料は高いです。一方、それが高い反面、インフラが整備されていない地域が多かったり、不便を感じる事が多い場所もあります。医療機関や自治体によっては経済的に非常に苦しいため給料をあまり出す事が出来ないケースもあります。それをあまり出せない所は応援ナースのやる気、主体性等に期待しています。応援ナースを必要としない地域で勤務するよりも大変な事は多いです。そのため、お金に反映されない事に不満を感じすぐに辞めてしまうケースが少なくないです。これを行う時はあまりその部分は重視しない方が良いです。重視すると反映されない時に嫌な思いをするからです。その部分が良くてもそれに従事する人間がいないため応援ナースに負担は非常に重くなります。結果、心身の状態を悪くし、退職するケースも多いです。お金でその業務を考えてしまうとひずみが生じやすいです。場所によっては都市部よりも多くもらえます。しかし、負担は都市部のそれよりもはるかに重いものになります。給与面が良くても周囲の環境があまり良くない場所が多いのでそれに取り組むナースはお金よりもやりがいや業務の幅を広げる事を重視するケースが多いです。それを依頼する法人は多くのお金を出し、人を確保しようとします。しかし、金銭面を充実させてもなかなか定着しないです。

応援ナースという働き方のデメリット

「応援ナース」というのは、看護師が6ヶ月間など期間限定で看護師不足の病院や施設に派遣される働き方で、都市部であれば月収50万程度の高収入が狙える働き方です。応援ナースのメリットは、派遣の形態のため、何かトラブルがあっても派遣会社を通せばよいこと、また働き先が合わないと感じたら3ヶ月や6ヶ月で契約更新をせずにやめることができることなどがあります。しかし、もちろんメリットばかりではありません。応援ナースのデメリットは、まずボーナスや育児休暇、出産休暇などの福利厚生がまったくないことが挙げられます。住宅手当や資格手当てもないことがほとんどです。また最大のデメリットは。派遣のため、雇用形態が不安定で、解雇される危険が常にあるということです。たとえ自分に非がなくても、「病院の経営悪化」「常勤が増えたのでいらなくなった」といった理由で派遣切りされてしますのです。派遣のデメリットを知った上で、応援ナースの道を選ぶのであればまったく問題ありませんが、そうでなければ短期間だけ働いて高い収入を得る手段と割り切ったほうがよいでしょう。期間としては、ボーナスが支給されないため、6ヶ月以内の勤務がおすすめです。一言で「応援ナース」といっても、派遣会社によって給与や待遇の条件面が様々です。せっかくの看護師資格を活かすため、いろいろな派遣会社に登録して、条件を十分に検討した上で、派遣として働く先を見つけてみてはいかがでしょうか。

応援ナースのメリットについて

応援ナースとして業務に就くことには、様々なメリットがあります。依頼元の医療機関から要請される応援期間の長さに違いはありますが、その都度、それぞれの医療機関の取り組み形態を垣間見ることができます。自身の仕事場から離れて、気持ちを切り替えて取り組む新鮮さもあります。また、仕事の流れやサポート体制における比較のしやすさがありますので、優れた点については、応援元の医療機関に持ち帰って、業務の中に取り入れることもできます。特に患者への配慮は、より良いものに改善していくためのヒントとなります。医療に取り組むスタッフの真剣さは、どの医療現場においても大きな違いはありませんが、個々のスキルを高めていくための学習方法については差がみられます。上司の指導方法と部下の対応は、多くのことを出来るだけ早く習得してもらいたい、習得したいとする姿勢として現れます。応援先が開催する研修の場に参加する機会が得られるようであれば、積極的に活用してしてみることも、応援ナースとしてのメリットのひとつになります。応援ナースは、応援期間終了までの業務になりますので、それ以降の責任の所在そのものも一旦区切りがつきます。その分、応援期間中は、仕事量も増えて様々な負担がのしかかることになりますが、短期集中型と割り切って完了させることができるメリットもあります。このように、毎回の応援が、ナースとしての力量を高めていくことは間違いありません。